シミを改善する化粧品について。美白成分を配合した化粧品の特徴、効果、成分をはじめ、売れ筋のシミ化粧品のランキングなどを紹介。紫外線などによる色素沈着、肝斑、ニキビ跡を改善する方法なども解説

シミ化粧品選びのポイント

美白成分でメラニン抑制

シミの原因の多くは紫外線によるメラニン色素です。メラニン色素は紫外線などの影響を受けたメラノサイトが生成するチロシナーゼによって発生します。ビタミンC誘導体、アルブチン、ハイドロキノンなどの美白成分でチロシナーゼの働きを阻害する事が重要です。

保湿成分で乾燥対策

シミ対策では保湿も欠かせません。乾燥すると角質層のバリア機能が乱れ、紫外線や外部刺激がダイレクトに肌に入ってきます。そのために炎症やシミができやすくなります。コラーゲン、アミノ酸、セラミドなどの保湿作用のある化粧品を使用する事がおすすめです。

活性酸素を除去する

紫外線やストレスなどによって発生するのが活性酸素です。活性酸素はメラノサイトを刺激してシミを引き起こします。アスタキサンチン、リコピン、ビタミンC誘導体などの抗酸化成分で活性酸素を除去する事がポイントです。

おすすめのシミ化粧品ランキング

アスタリフトホワイト
価格:1,080円 送料無料
化粧水、美容液、クリームのセット。美白成分にアルブチンとビタミンC誘導体を使用。さらにナノAMAでメラニンを薄くします。他にも強い抗酸化作用のあるアスタキサンチン、保湿作用のある3種類のコラーゲンを配合。
アンプルール
価格:1,890円 送料無料
強い美白作用のあるハイドロキノンを配合。さらに保湿作用のあるセラミドを配合した化粧水でシミ対策をサポート。
サエル
価格:1,480円 送料無料
美白成分にビタミンC誘導体を配合。シミの原因となるチロシナーゼを抑制。さらに抗酸化成分もたっぷり配合。
デルメッド
1,800円 送料無料
ビタミンC誘導体を配合した化粧水、美容液、コウジ酸を配合した美白クリームがシミを予防、改善します。
ビーグレン
1,890円
ハイドロキノン配合のクリームをはじめ、ビタミンCを配合した化粧水、アルブチン配合の美容液がセット。
エニシングホワイト
4,104円 送料600円
保湿作用に優れたオールインワン化粧品。細胞を活性化する紫根、保湿力のあるカミツレエキスなどを配合。
資生堂HAKU
5,400円
美白に有効なトラネキサム酸と4MSKを配合。メラニン色素を抑制し、ターンオーバーを促進します。
リペアジェル
1,900円 送料無料
水を使用しない美容液。アミノ酸と高濃度ビタミンC配合だからシミの原因となるチロシナーゼの働きを阻害。
オルビス
1,620円 送料無料
洗顔、化粧水、保湿液の3点セット。速攻と持続のビタミンCがシミの原因となるチロシナーゼの働きを阻害。
資生堂エリクシール
1,296円 送料無料
洗顔、化粧水、乳液のセット。メラニンの生成を抑えるmトラネキサム酸をはじめ、保湿成分をたっぷり配合。

シミ対策におすすめ化粧品はコレ!

アスタリフトホワイトが第1位に選ばれる理由とは

アスタリフトホワイトには美白成分「アルブチン」、「ビタミンC誘導体」を配合。シミを作り出すチロシナーゼの働きを阻害し、メラニン色素の生成を抑えます。
他にもアスタリフトホワイトには富士フィルム独自の成分「ナノAMA」が肌の奥までしっかり浸透し、メラノサイトに働きかけてシミの発生を抑制します。
肌老化の原因となる活性酸素を除去する「アスタキサンチン」や肌をしっかり保湿するコラーゲンも配合し、シミ予防も万全です。

シミの種類と対策

シミと言っても種類は様々です。ここではシミの種類、症状と対策について紹介します。



●老人性色素班
シミで最も多いのが老人性色素斑です。老人性色素斑の原因は紫外線、加齢によるターンオーバーの遅れなどがあります。一度濃くなると改善するのが非常に難しいタイプです。

老人性色素斑の対策としては美白有効成分を配合した美白化粧品の使用をはじめ、ビタミンC、Eを含んだ食事を摂取するのがおすすめです。化粧品の美白成分にはビタミンC誘導体をはじめ、アルブチン、コウジ酸、ハイドロキノンなどがあります。真皮まで落ちてシミが濃くなっている場合はレーザー治療が有効です。美白化粧品ランキングではアンプルール、アスタリフトホワイト、サエルなどが人気です。

●炎症性色素沈着
炎症性色素沈着はニキビを潰したり、傷跡などの炎症によって残る色素沈着です。シミの中では比較的改善しやすいタイプです。炎症性色素沈着にはビタミンC、ハイドロキノンなどの美白成分を配合したシミ化粧品が有効です。

●肝斑
肝斑は左右対称に目の周りに出来るシミです。肝斑の原因は女性ホルモンの乱れです。微弱炎症が慢性的に起こっている状態です。そのため、肝斑を洗顔などでゴシゴシ擦るのはNGです。肝斑の改善にはトラネキサム酸を配合した内服薬がおすすめです。トラネキサム酸には炎症を抑える作用があります。トランシーノという薬も販売されています。

●ソバカス
ソバカスは小さな斑点状のシミが鼻の周りを中心に多く発生するシミです。ソバカスの多くは遺伝が原因です。また、ソバカスは紫外線によっても悪化します。対策としては、日々の紫外線対策とハイドロキノンなどの美白化粧品があります。より効果があるのはQスイッチルビーレーザーなどのレーザー治療です。

シミ化粧品ランキング 新着情報

「シミ化粧品ランキング『紫外線による色素沈着にはコレ!』」について
シミ対策で重要なのは紫外線対策です。紫外線を無防備に浴びるとメラノサイトが活性化し、メラニン色素が増えてしまいます。メラニン色素は紫外線から肌を守るために作られています。まずは日焼け止めやパウダーファンデーション、サングラス、日傘などで紫外線をブロックする事が重要です。ただそれでもシミが出来る事はあります。そこでシミ化粧品を使用します。シミ化粧品にはビタミンC誘導体をはじめ、アルブチン、コウジ酸、ハイドロキノンなどが使われています。これらの美白成分がシミを生み出すチロシナーゼの働きを阻害してシミを予防します。また、出来てしまったメラニン色素はターンオーバーを促進し、角質層から排出する必要があります。年齢と共にターンオーバーが乱れるとメラニン色素が沈着しやすくなります。ピーリングによって古い角質を除去してターンオーバーを促進する事もシミ対策になります。美白対策は生活習慣も重要です。血行不良だとターンオーバーなどの代謝が悪くなります。食事や運動、睡眠などの生活習慣を改善する事もシミの予防には重要です。